2017.11.10 Friday 17:02

木造応急仮設住宅の講習会を受講しました。

 

 

先日7日仙台から帰省した午後1時〜4時半まで、

 

県建築住宅課では、今冬2月に弘前市の県立高等技術

 

専門校で開催したのに続き、この度青森市の県立青森

 

高等技術専門校で「木造応急仮設住宅に係る講習会」

 

を開催しました。

 

 

 

講習会では、熊本県と近隣県で活動する工務店等でつく

 

る熊本工務店ネットワーク会長の久原氏と、熊本県建築

 

住宅センター専務理事を務める田邉氏が講演してくれま

 

した。ご両者は冒頭熊本県は豪雨被害は何度も経験して

 

いるけれど、誰もが地震はない県と思い込み大地震が来

 

るとは全然考えて無かったそうです。それが昨年4月

 

突然大地震に見まわれ、まだ道半ばですが、今日に至る

 

まで大変苦労なされたことを話してくれました。久原氏

 

は、熊本地震の際に550戸以上の木造応急仮設住宅を

 

建設した実績を紹介。「困っている人を助けたい、地元

 

のことは地元の工務店がやらなくては、という思いが強

 

かった」と当時を振り返っていました。また、従業員が

 

元気でなければ、顧客への対応もできなくなると、顧客

 

の対応と同時に従業員のケアも大切だと強調していまし

 

た。この後杭打ち工事の実地研修では、災害時に電気や

 

燃料が不足している状況を想定し、手打ちによる杭打ち

 

工事を実演して終了しました。

 

 

 

青森県は豪雪には毎年悩まされています。

 

大きな地震や大型台風で何年か前に被害を生じたこと

 

ありました。八甲田山、岩木山噴火や原発事故、

 

忘れた頃に災害がやってくるかもしれません。国内外

 

を見ても物騒な世の中になりました。「備えあれば

 

憂いなし」。「遠くの親戚よりも近くの他人」。

 

「皆で助け合い、支え合える環境づくり」が急がれる

 

のではないでしょうか。

 

          〜感謝〜お願い

 

 

 

 

 

 

 

 

 


2018.01.17 Wednesday 17:02

スポンサーサイト

  • Author : スポンサードリンク
  • 0
    • - | - | - | - |

    Comment:
    Add a comment:









    Trackback:
    http://itomitsu-01.jugem.jp/trackback/389
     
    CALENDAR
    NEW ENTRY
    ARCHIVES
    CATEGORY
    COMMENT
    PROFILE
    MOBILE
    LINK
    PR
    SEARCH
    OTHER

    (C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.